頭の悪い人間がわずか数分で覚えた最強とも言える記憶法

頭の悪い人間がわずか数分で覚えた最強とも言える記憶法

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック

頭の悪い人間がわずか数分で覚えた最強とも言える記憶法

本当に良いものはしつこくでも伝えたい!ということで(笑)今回ご紹介させていただくのは『私の中で今一番の効果を実感できた記憶法』です。

 

覚えたいのに覚えられない(泣)!

 

そんな方は疑わず信じてみて下さい^^

 

私は学歴は中卒で頭の悪い人間で、文章も読めない字も多くありました。覚えようと思ってもあくびが出てきて覚えられません。眠たくなってきて覚えるという事からの逃避なのか食欲が出てきて困っていました。

 

しかし、どうしても勉強したい事があり記憶力を高めたい!と強く思うようになったのですが、ネットで調べて実行してもどれもこれもダメでした…。やはり自分には記憶するなんて高度な技術は向いていないんだ…。と弱音を吐きそうになった時にネットで検索していた時に、ふと目に入ってきた本がこれ。

 

脳を鍛える「超」記憶法

658円

今、一番おすすめ出来る実際に効果を実感できた記憶法です。

 

著:脳機能学者 苫米地英人

 

実際に買ってないで紹介したいだけじゃねーの?と思う方もいると思いますので実際に読んだ証拠画像です。
頭の悪い人間がわずか数分で覚えた最強とも言える記憶法

 

この本の中の予測記憶法が一番効果的で結果も出ています。

 

私は今資格取得のための勉強している内容で過敏性腸症候群というものを覚えようとした時に、過敏性腸症候群という字すら何も見ないで書けない状態で何度覚えようと思っても書けませんでした。当然意味すら覚えられません。しかし予測記憶法を使った結果覚えることが出来たんです!!

 

これは字すら覚えられなかった私にとって大きな進歩ですよね!

 

※今、再度何も見ないで過敏性腸症候群の説明を書きますね。

 

過敏性腸症候群とは、主に大腸に症状が出ますが小腸にも関係があることもわかってきています。ストレス因によって起こると言われています。

 

症状の出方によって4つに分類されます。

 

・ガス型
ストレスによってお腹にガスが貯まる

 

・慢性下痢型
神経性下痢とも言われ、少しのストレスでも下痢を引き起こす

 

・分泌型
激しい腹痛の後大量の粘液が排泄される

 

・不安定型
腹部の違和感や腹痛、下痢、便秘などが複数日間隔で交互に現れる

 

 

こんな感じで覚えることができました。

 

どうしても覚えられないで間違った記憶法を行う事は時間の損失が大きいので正しい記憶法を利用することをおすすめします^^

 

脳が嫌がっているのに繰り返し繰り返し同じことをやっても覚えられないのは、脳が覚えたくないと言っているからです^^脳が覚えたいのは新しいことです^^

 

 

脳機能学者 苫米地英人氏の脳を鍛える「超」記憶法は本当におすすめです。

 

 

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る