本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック

短所を長所に変えたい…。「劣っている部分を強く」して「欠けている部分を埋める」と長所が輝く

短所を長所に変えたい…。「劣っている部分を強く」して「欠けている部分を埋める」と長所が輝く

 

劣っている部分を強く」して、「欠けている部分を埋める」ことで、素晴らしい長所が輝きだし、「本当の自分」に近づきます。

 

まず、長所と短所は「表裏一体」です。

 

長所は「すぐれている部分」です。そして、短所は長所の裏返しで、「劣っている部分」や「欠けている部分」という欠点でもあります。

 

しかし、短所も見方を変えれば長所にもなるのです。

 

1つ1つ説明していきます。

 

短所は長所の裏返し

 

「短所は長所の裏返し」というのは、短所も見方を変えれば長所にもなるということ。

 

例えば、自分の短所を優柔不断だというAさん。ある「急ぎで行わなければいけない作業」で、なかなか優先順位を決めることが出来ず、結果、作業が遅れてしまいました。そして、Aさんは、「自分の短所は優柔不断なこところだ…」と思い込んでいきました。

 

これを裏返すと「優柔不断」は「簡単には決断しない思慮深さ(注意深く思考や心を働かせる)」となります。

 

急ぎで行わなければいけない作業」 ではない場合、この優柔不断が「とても良い成果を上げる可能性」があるかと思います。

 

Aさんは、納期などが決まっておらず、1人で黙々と作業することのほうが向いているかもしれませんね。そういった自由な納期であればとても良い成果を上げると思います。

 

このように、自分で短所だと思っていることが、環境が変わったりするだけで長所になってしまうのです。

 

短所は、本当の自分を知るきっかけになります。Aさんの場合は、「急ぎで行わなければいけない作業」ではなく、「簡単には決断しない思慮深さ(注意深く思考や心を働かせる)」で行う何かを本当の自分はやりたいと思っていて、まだ、そのことに気づいていないのかもしれませんね。

 

「短所」-「欠点」=「長所」

 

「短所」-「欠点」=「長所」

 

これはどういうことかと言いますと、自分が短所だと思い込んでいる部分から、「劣っている部分」や「欠けている部分」という欠点を直していくことで、「長所が輝く」ということ。

 

先ほどの「優柔不断」で見てみましょう。

 

「短所」-「欠点」=「長所」

 

「優柔不断」-「注意力不足、思考力不足」=「思慮深さ」

 

このように、「欠点を直す」ことで、長所が輝いていくのです。長所が輝いて目立ってくると自然と短所や欠点は目立たなくなるのです。

 

まるで、短所や欠点は「長所の輝かせ方を教えてくれているメッセージ」かのように。

 

長所を輝かせるためにやること見つける方法

 

長所を輝かせるためにやることを見つけるには、まず自分の短所を書き出します。

 

・優柔不断
・マイペース
・人見知り
・恐怖が強い

 

次に、それぞれの「メリット」を書き出します。

 

・「優柔不断」→「メリット(注意深く思慮深い)」

 

・「マイペース」→「メリット(自分を貫くことができる)」

 

・「人見知り」→「メリット(相手の気持ちがわかる)」

 

・「恐怖が強い」→「メリット(他の人が何に怖がっているかわかる)」

 

次に、「メリット」からわかる「自分に足りないこと」を書きます。

 

・「優柔不断」→「メリット(注意深く思慮深い)」
→ 「注意力、思考力」が足りない

 

・「マイペース」→「メリット(自分を貫くことができる)」
→ 「勇気」が足りない

 

・「人見知り」→「メリット(相手の気持ちがわかる)」
→ 「心理学の知識」が足りない

 

・「恐怖が強い」→「メリット(他の人が何に怖がっているかわかる)」
→ 「”知る”という行動」が足りない

 

 

短所」-「欠点(自分に足りないこと)」=「長所」に当てはめれば、「本当の自分が向かいたい未来、道」が何となく見えてくるかもしれませんね。

 

例えば、「短所(人見知り)」-「欠点(心理学の知識)」=「長所(心理に詳しい)」ということで、心理カウンセラーなどを目指す能力が隠れているのかもしれません。

 

短所や欠点は、あなたがあなたらしく生きるために必要なことを、そっと教えてくれているのだと思います。

 

毎日新しい「視点」を手に入れる

 

自分の短所を長所に変えていくには、新しい「視点」を手に入れることもよいです。

 

最初のほうにお伝えしましたが、長所と短所は「表裏一体」です。表の視点と裏の視点。物事には色々な視点があり、自分が思い込んでいることは違う視点から見ると全然違うことだったりします。

 

ですので、新しい「視点」を手に入れることがとてもよいことです。

 

新しい「視点」を手に入れるためには、毎日、新しい情報を入手することが必要です。そのためにとても効果的な方法があります。それは「デイリーパラダイムシフト」という「認知改善音声」です。

 

これは、会話コンサルタントの方が作ったプログラムで、コミュニケーション能力を向上させるための「認知改善音声」です。メールで音声が毎日届きますので、聴いているだけでコミュニケーション能力が向上しない原因となっている認知を改善していけるというものです。つまり、毎日、新しい「視点」を手に入れることができる音声が届くということです。

 

なるほど!こんな視点もあったか!」と気づかされる内容が、とても多く勉強になりますので、「自分の短所を長所に変えていきたい」と思っている人にもおすすめできます。

 

自分を変えるってすぐには出来ないことです。1つ1つ、小さなことの積み重ね、学習、行動で変わっていくのです。

 

自分の「劣っている部分を強く」して、「欠けている部分を埋める」こと。そのために、「学習、行動が必要になる」のです。

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る