本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック

視線恐怖症や対人恐怖症の根本原因

視線恐怖症や対人恐怖症の人で、人の視線が気になる、人がいると緊張する、イライラするなど、あらゆる症状が病気だと言われています。更には薬で誤魔化し、いつまでたっても根本的改善が出来ず、長年飲んだ薬で肝臓などにも負担をかけて体を壊してしまうこともよくあります。

 

本当は、人の視線が気になる、人がいると緊張する、イライラするなど実は病気ではなく正常な証拠なんです。人の視線が気になる、人がいると緊張する、イライラする方は、無意識的に出てしまいますよね?

 

答えは無意識なんです。

 

あなたの意識は知っていなくても、無意識は理由を知っているのです。例えば視線恐怖なら目の前の人間の本性、無意識が悪いもの、または自分の敵であると無意識が敵だと見なして、症状を出すのです。人の視線が気になる、人がいると緊張する、イライラする方は、感受性が高かったり、相手の無意識を直感的に見抜いている人なんです。

 

まさか!?

 

そう思う方もいるでしょうが、薬で治らない、または治ったと思っているのは薬でぼーっとしているから抑え込んでいるだけということです。薬で余計な事を考えさせないようにしている間に変化を無意識へのインプットをさせることで改善する事は可能でしょうが、あまりにも体への負担が大きいので薬は最後の手段にしたいものです。

 

視線恐怖症や対人恐怖症が無意識の正常な反応だと言いましたが、正常な反応でも苦しいものは苦しい!と思う方もいるでしょう。更に認知の歪みによって本来敵ではないものを敵だと認知している場合もあります。ここで考えなければいけないのが、自分が誤認識を起こしているのか、それとも周りの環境に無意識的な敵が多すぎるのかというポイントです。自分が誤認識を起こしているのなら、認知の歪みを修正し自己肯定感を高めるのが最善の策です。自己肯定感を高める方法も合わせて読んで下さい。

 

しかし、周りの環境に無意識的な敵が多すぎる場合、認知の歪みを修正しようとしても更に認知の歪みを作り出されるのです。そういったマイナスな無意識的圧力が凄いので頑張ってもまず無理なので離れる事が大事です。自分では気が付いていなくても、自分の無意識、本性が、相手を無意識で敵だと判断しているので症状が出ます。優しいからマイナスも吸収してしまうのです。この理由から視線恐怖や対人恐怖の方には優しい方が多いのです。無意識のマイナスの渦は純粋性のある無意識を攻撃する性質があります。純粋性のある無意識の人が視線恐怖症や対人恐怖症になりやすいというわけです。そして攻撃されて傷だらけになった無意識の中の自分が、あなた自身に送っているメッセージが症状であり、助けてくれという叫びだということを無視するのでますます悪化するのです。

 

これは私が長年かけて無意識などを知ろうとしてわかってきたことで、個人的意見ですので、信じるか信じないかはあなた次第ですし、薬に頼るのも自分次第です。私は、薬に頼るのはおすすめしません。補助的に使用するものだと思っています。

 

症状は無意識が本人に送っているメッセージだと確信しているので、無意識に目を向けなくては絶対に根本解決は出来ないので、無意識の勉強をしてほしいと思います。時代が求めている者は、無意識なんです。今までは無意識を無視した生き方が主流でしたが、これからは無意識を無視した生き方は自然淘汰されるようになってくるでしょう!いつか、人が傷つけあわずに共に相手の本当の個性を認め合い、生きていけるようになると良いですね^^

 

簡単にまとめると、自分に対して無意識的悪影響がある環境を離れ、自己肯定感を高めると、人の目が気になるということを解決できるのです。

 

根本原因をみんなに聞いてみました!

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る