多重人格などの精神病が始まる原因になりそうな人の特徴

多重人格などの精神病が始まる原因になりそうな人の特徴

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック

多重人格などの精神病が始まる原因になりそうな人の特徴

個人的意見ですが、絶対に知っておいたほうが良いと思う話です。

 

一般的に多重人格が出来てしまうのには過去のトラウマが大きな原因になっていると現在では考えられています。

 

耐えらない苦しみや怒りに出会った時に人は人格の一部を切り離し苦しみや怒りを引き受ける別の人格を創造するのだということです。

 

私もその通りだと思います。

 

しかし、トラウマだけが原因ではなく、逃げの姿勢からも多重人格は出来あがっていくと思います。

 

『ごめん。自分では記憶がないんだけどやったかもしれない』

 

『ごめん。自分では意識してないけど…自分のどっかにそういう心があったのかもしれない。』

 

このように誤魔化す人が日本人は非常に多いと感じます。

 

特に若い子に多いのですが、このような言葉を軽く見てはいけません。

 

これこそが、多重人格の別の人格を作る原因にもなります。

 

『ごめん。自分では記憶がないんだけどやったかもしれない』

 

↑いえいえ。何を言ってるんですか!本当は記憶あるんでしょ?


 

『ごめん。自分では意識してないけど…自分のどっかにそういう心があったのかもしれない。』

 

↑自分のどっかにそういう心があったのかもと繰り返すと精神分裂して別の人格を作ろうとしていることになりますよ?


 

このように何気ない会話からも別の人格を作ろうとして、当人は逃げに入ってます。

 

このようなことを繰り返す事で、徐々に別の人格を創造し、取り返しのつかない事になり、
別の人格が現実に形成されていくのです。

 

ですので、周りでもし別の人格のせいに仕様としている人がいたら優しく教えてあげることも思いやりですよ^^

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る