「塗装職人になるために」見習工からプロへ〜『特級』『一級』は、難関〜

MENU
催眠療法士の橋本奈美さんの【SHIP】
本当の自分と繋がって人生を変えることが出来る方法!
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証!」本格的な催眠療法!

〜「塗装職人になるために」〜

 

「塗装職人」と聞けば、”ペンキ塗り屋さん”を思い浮かべますが。「建築塗装工」とも言い、建物建築において最終の仕上げ段階の仕事、建物を美しく見せるため、適材適所に応じた塗装を行う人のことです。
一言で『塗装』と言っても、<建築塗装>、<板金塗装>、<金属片に焼き付けを施す塗装>があります

 

「塗装職人」になるには、
特に資格がなくても、塗装業についていれば、「塗装職人」として働くことはできますが、「塗装技能士」の資格を持っていなければ、「塗装技能士」と名乗ることはできません。

 

「塗装職人」として信頼を得て、プロの「塗装職人」「塗装技能士」を目指す場合、各都道府県職業能力開発協会が実施する検定試験に合格しなければなりません。

 

<塗装技能士資格試験>は、国家資格である『特級』『一級』、そして、都道府県知事認定の『二級』『三級』の資格試験があります。

 

『三級』は、工業高校などに在学している場合、高校1年生から受験可能なので、『塗装工』になりたいと思っている人は、早い段階から無理のないステップアップが可能です。

 

1日で覚える塗装技術「塗装職人講座」

 

それぞれの等級によって受験資格が異なり、
『一級塗装技能士』の上に『特級』があり、<一級塗装技能士資格>を取得してから5年以上勤務していることが条件になります。『特級』を取得するには、長期間、『塗装工』として働くことになり、かなりの努力と忍耐が必要になります。
『特級』検定試験に合格すると、管理者として働くことができ、監督者、『塗装』について指導を行うことができます。

 

それぞれの等級の検定試験に合格した人は、
≪塗装技能士≫として名乗ることができ、中でも『一級塗装技能士』は上級者としてリフォーム会社などでも高い評価を受けることができます。、

 

 

〜「塗装職人」の資格取得について(年1回実施」)〜

 

『一級塗装技能士』/厚生労働省認定の国家資格
・実務経験7年以上、または『二級塗装技能士』資格取得+2年以上の実務経験、実務テストと学科テストがあり、合格率が50&の難関です。

 

『二級塗装技能士』/都道府県知事認定
・実務経験2年以上、または高校卒、専門学校卒

 

『三級塗装技能士』/各都道府県知事により合格証書と3級技能士のバッチがもらえます。
実務経験6カ月以上の人や現在、工業高校、専門学校に在籍している人も1年生から受験できるので、若いころから塗装技術修得の目標を立てやすいです。
また、三級に合格すると、二級の実技テストが免除になるというメリットもあります。

 


『1級』検定試験はかなり難しく、誰にでも経験さえ積めば、塗装のプロになれるというものではないのです。『塗装』の資格を取得し、『塗装のプロ』として働くには、経験だけではなく、学習することも大切です。ですので、資格取得を目指している人は、塗装業という日々の仕事と共に、並行して学習を進めていくことが大切です。

 

女子でも受験している人が多いそうですが、
実際、現場で働いている人は約9人に1人の割合くらいだそうです。

 

<塗装技能士>とあわせもっていると有利な資格が、
『塗装調色技能士』の資格です。塗料の混合量を判定するもので、毎年1回試験が行われ、実技テストと学科テストに合格しなければなりません。

 

 

<塗装業者>として、
『塗装工事業』2つの都道府県知事より許可されている事業者。「塗装職人」の指導者として活躍できる、都道府県知事より認定される『職業訓練指導員』があります。
その他の許可認定としては、『有機溶剤作業主任者』 『足場組立作業主任』『住宅紛争処理支援センター会員(リフォネット)』があります。

 

 

〜塗装技能士の学科試験の内容〜
・木工塗装作業、建築塗装作業、金属塗装作業、噴霧塗装作業、鋼橋塗装作業です。

 

〜「塗装職人」の給料〜
「塗装職人」の給料は、建築会社や土木会社では、日給制がほとんどで一日約10,000円〜13,000円です。
会社によっては、月給制のところもあり月額約250,000円〜450,000円、経験年数などによっても給料差が異なってきます。
見習い職人は、日給約8000円、年収額は、約200万円〜250万円です。
上級塗装職人になると年収額約1000万円という人もいます。

 

勤務する会社によっても、若干給料額が異なります。
例えば、
リフォーム会社、建築会社では少し低めで、板金会社や専門の塗装工事店、自動車会社の塗装工に比べると、年収額が10万円〜30万円、低くなります。

若干高い給料と安定性を求めるのであれば、板金会社、自動車会社、塗装専門の会社に就職する方が良いです。また、「塗装職人」になりたいと決めている場合も塗装専門に行っている会社の方が、『塗装』に関しても内容の濃い情報を得やすいというメリットもあります。

 

 

建築・土木会社の『塗装工』は、ボーナス支給がないので、給料額が低いうえ、金銭的には厳しい世界です。勤続年数が上がると、それなりに給料額も上がっていきますが、40才でも月給平均31万円前後で、年収額も約400万円前後、ボーナス無しは、やはりちょっときついです。
例え、年齢を重ねていたとしても、仕事があって、いくらの世界ですから、仕事がなければ給料も上がらないということもあります。

 

都道府県別にも給料額に差があり、
東京、愛知、大阪、福岡など主要都市圏では、給料額が大きいです。ということは、住宅が多いので、『塗装』の仕事の契約が取りやすいということが関係しているようです。

 

つまり、都市圏内では、塗装の仕事が忙しいということが言えます。会社の規模によっても給料額・年収額が異なり、大きい会社ほど給料額は高く、医療・福利厚生面でも充実しています。

 

 

〜「塗装職人」として独立〜

 

たいがいの人は
「塗装職人」として働きながら、資格試験を受ける人が多いです。最初は見習工として、建築会社や塗装会社、板金会社に就職する人が多く、長年、「塗装職人」として働いた人の中には、塗装工事店として、独立を考える人もいます。

 

独立を考える理由として、
一番多いのが(親方と考え方が合わない)という理由です。中には、男気たっぷりに<人生何事もチャレンジ精神に尽きる>と独立したものの、思うように受注が取れずに大変なリスクを背負った生活を送っておられる方もいらっしゃいます。
会社員として、親方の下で働いていた時よりも給料は減り不安定な生活をされている方がたくさんおられます。

 

独立を成功させるためには、どのようにすれば良いのでしょうか?
「塗装職人」としての技術力はもちろんのこと、≪広告戦略≫と≪営業力≫が重要なポイントになります。
まずは、広告戦略を具体的に計画を立ててしっかり、自分自身の塗装技術、塗装工事店をPRしましょう。

 

「塗装工」として独立する場合に必要な資格は、
実際、塗装業を開くのに、資格がなくても開業できますが、独立するのであれば、『二級塗装技能士』資格、と『足場組立作業主任者』資格があると有利です。

 

独立で大切なことは
自ら、≪営業≫して仕事の契約を取り付けることが重要です。
小さな会社を発展させるためには、日々の勉強も欠かせません。
自宅の外装、リフォーム全般は高額になるため、依頼するお客さんも勉強しています。

 

ですので、常に勉強することが大切で、そのような親方は、社員を育て上げ、立派な会社へと成長させることができるでしょう。金額の目安としては、独立が上手くいくと、年商約1000万円以上も稼ぐことができるかもしれません。また、年商約1億円稼げると、上級塗装職人さんを雇うことも可能で、腕の良い『塗装職人』もつきやすくなります。

 

 

1日で覚える塗装技術「塗装職人講座」

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加