人は本当は優しいものだ!心の壁を溶かすものは信念と情熱

MENU

コミュニケーション能力は人生を動かす

デイリーパラダイムシフト コミュニケーション能力は人生を動かします。デイリーパラダイムシフトは毎日5分〜10分の音声を聞くだけで、どんどんコミュニケーション能力が向上していく画期的な学習プログラムです。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

人は本当は優しいものだ

おはようございます。長くなるので読みたい方だけお読みください^^

 

また、文章中に一部の方には気分を害すると思われるような内容も含まれているので予めご理解の上、お読み下さい。

 

私たち庶民にできる闘うことは家庭や身近の不義を小さなことでも出来ることから、正す事だと私は思います。不義とは人として守るべき道から外れることです。

 

私は以下のような汚い事を昔にいっぱいしてきました。

 

  • お金を取り上げる
  • 殴る
  • 弱い者いじめ
  • 上に逆らわない
  • 窃盗
  • 裏切り
  • 精神的苦痛を味あわせる

具体的に言うと弱いものをいじめて近くにあった剃刀で切りつけて脅したり、電動ガン(おもちゃの銃。かなり痛い)で後輩を連打で打ちまくって全身あざだらけにしたことも。裸にさせ行動を強制させたり、1週間以内にいくら持って来いと脅迫したり、コンビニからカゴに満タンに入れさせそのままダッシュさせたり、かつあげを後輩にさせて金を持ってこさせたり、店言って服盗んでこさせて、更にそれを売らせたり。薬物売ったり。

 

これでも当時の先輩とかに比べると軽すぎるほうで、私はやってませんが当時の環境は、暴走族の集会中には殺された人もいましたし、死んだ人もいたり、時間に遅れて半殺しにされたり、内臓破裂など、挨拶がわりにボールペンで刺されたり、死体遺棄して逮捕されないままとかの信憑性高い噂などなど多数あります。聞いた話では誰誰が目ん玉刺されたとか耳切られたなど。

 

田舎の暴走族と都会の暴走族はレベルが全然違いましたので、これでも都会では軽いほうかもしれません。もっと残酷な事は世の中たくさん陰であります。私の場合は運が良いのか臆病だったから深い入りしなかったからか、大したことはされませんでした。何もしてなくてもボコボコニされたりとか先輩の気分次第で殴られたり強制的に金銭…程度ですね。挙句の果てに逆らえない先輩には媚売って。なんなんですか?この最低人間は?って思うでしょう。その通り私は最低人間だったんですよね。

 

何故、こんな話をしたのかというと、私がこんな最低人間だった原因を知ってほしいからです。その原因は弱かったからです。そして弱いと言うのは”知らない”事です。自分の痛みは知っているから先輩に媚びるのに、人の痛みは知らないから平気でこういう事をやるんです。何故知らなかったのかと言うと、小さい頃から私は勉強を強制させられていました。小学生の頃、みんなが遊んでいる夏休みは、私は勉強8時間が当たり前。終わらないと死ぬほど怒られました。

 

存在を無視され苦しくても苦しいと言っていけない。楽しくても楽しんではいけない。見えない抑圧の中生きていました。笑えない…楽しめない…話せない…。どんなに殺されるほうがましだと願った事でしょう。布団を窓から外に捨てられたり、また帰宅時に門限の1秒でも時計の針が過ぎていると、人殺しでもしたかってくらい怒られ、ゲームを約束の1秒でも過ぎるとハンマーでたたき壊され(笑)、かわいそうな病気の犬を拾ってきたら、そんな汚いもん捨ててこい!と怒鳴られ家族で楽しく食べるはずの食事も無言の世界。一言でも話したり横を向くと怒鳴れる空間。

 

あ、もしご飯を楽しく食べていない家庭の方がいましたらすぐにでも修正してください!ご飯を楽しく食べると、胃腸の動きがよくなり、おいしいと心から感じながら食べると脳の力がアップしますので、ご飯は絶対に楽しく食べないとだめですし、不安と緊張の中食べると胃腸が弱い子に育ちますよ。おいしいと感じながら食べると前頭前野にあるワーキングメモリーや側座核の働きが良くなります。会話や文章の理解、暗算、判断、日常などの短期的記憶の力がアップするそうです。

 

話は戻りますが、そんな愛情のない寂しい家庭でした。親を恨んだこともあります。人のせいにするのではないですが、人はどうしても環境や育て方に左右されてしまいます。特に幼少期は親や環境にどっぷり染められたものを100歳まで影響するくらい幼少期に刷り込まれた物は腸の宿便のようにとれないのです(笑)汚い表現ですみません;^^これが三つ子の魂百までの意味です。しかしそれが人生です。こびりついた親からの洗脳を自分で開放する。それが人生なんです。

 

私は幼少期から引っ越し引っ越しで、小学校2年生前までの環境は、覚醒剤中毒者や、やくざ、右翼、金融、不動産関係者、がいっぱいいて、そんな環境で育ったものですから、学校帰りにマンション(ほぼやくざや金融など)のエレベーターの中で「おっきくなったら立派なやくざになれよ坊主」と言われ私は怖くて10階まで階段で登ってました。小学校2年生の時、転校初日に鉛筆で刺され血が出て家に帰っても、言えない雰囲気でなんとか言うと、そんな事くらいでいちいち言ってくるなと怒鳴られました。親自身がヤクザなどいる環境が普通だと思ったから親にしては『そんな事』ですが、小学二年生にとっては『初めて陰毛が生えたかのように大ごと』なんです(笑)今思えばそんなことくらいですが、当時はまだ小学校2年生です。

 

私はすごく悲しかった記憶ばかりです。一度でいいから親から、『お前は大事だよ』と声を掛けてほしかった。そんな言葉を期待しながら親の言う勉強を頑張りました。認めてほしかったんでしょうね。私は頭悪いほうでしたが、算数だけは小学校4年〜6年の間はクラスで二番目でした。しかし結果はそんなもん当たり前だ、一番になれと。

 

小学校三年生の頃また引っ越しで親の仕事トラブルで夜逃げをするように引っ越しました。函館に引っ越してからは、引っ越しの寂しさと親からの厳しさで限界だったんでしょう。寂しさを埋めるかのように万引きをしたり、友達の家に空き巣に入り数十万盗んで中の良かった友達と温泉行ったりおもちゃ買ったりしまくってました。見つかって殺されるかと思いましたが、引っ越ししてきたばかりで生活費が厳しかったのもあり、すぐにでもお金を弁償する必要があるので父親が出稼ぎに行き、昼夜働いてすぐ弁償しました。当時、私の心はボロボロで、限界でした。

 

その頃函館では新聞配達が中一から出来たので、私は小学校6年の終わりころ小遣いが欲しいので新聞配達をやりたいといいもう少しで中一だからということで使ってもらいました。その新聞配達の時に、かつあげされました(笑)相手は中3でマンガに出てきそうな田舎者丸出しの不良って感じです。金髪リーゼントでえりあし伸ばして短ランボンタンで昔ですからおでこにはソリ入れて眉毛はつまようじみたいな眉毛で(笑)私は怖くてお金を渡してしまいましたが父親が起こり取り返してくれました。だけど、その相手の自由さに惹かれてしまったのか私は不良に興味が出てしまったのです。この時は良く分かっていなかったけど今覚えば『この自由が自分の居場所だ!』そう無意識で感じたのだと思います。

 

そして中一になると、入学初日から学校に来ないで暴走族に入ってる奴がいるらしい…と噂になっているOという人物がいて、私はその人間に救いを求めているかのように連絡先を聞き、電話して遊ぼうと言いました。そこから私はもう、親なんてふざけるなと、俺をよくもここまで追い込みやがってと言わんばかりに悪い事を楽しんでいきましたが、中2になり、姉が閉まってる空き旅館を燃やし、父親の仕事がいられなくなり福島へ引っ越しました。そこで親の働いてるとこが潰れたので半年足らずで横浜に引っ越しました。

 

それから色々悪いことして、疲れ、薬物に逃げ、現実逃避。そして少年院へ行って、知らなかった事を知ったことで変わりました。

 

親から一言も『お前は大事だよ』と言われたことなかった私に少年院の先生は形だけの関わりではなく、涙を流して真剣に一年間向き合ってくれました。少年院なんか楽だよ、たいしたことないよと言う人もいますが、私はその視点から見ているのではなく、私にとって私の事を生まれてはじめて心配してくれた人が、たまたま少年院の教官だったということです。大人を信じない私にしつこく関わってきてくれました。私は最初は『なんなんだよこいつしつけー』と思っていましたが真剣さが私の心の中の壁を溶かしてくれたようでした。生まれて初めて大人を信じてみよう!そう思わせてくれたのです!心の壁を溶かすものは信念と情熱です。少年院の先生は信念と情熱を腐った私にぶつけてくれたのでした。

 

それで心が変わって私は外に出ました、外に出ると一年前とは違い、周りはチャラチャラしていました。女100人食った、昔は薬物は絶対やんない人間が薬物やってたり、クラブ通い、風俗通い、酒に逃げ弱いものいじめ。私はそんな環境が嫌でした、まともって何? 何故まともはバカを見る?まともにやっても認められない…。悪い事してたほうが認められる。

 

そんな葛藤の中、また薬物に逃げてしまいました。いろんな葛藤の中、今振り返ってみればどれもこれも、臆病者でひきょう者だった私が変われるための良い人生勉強だったなと思います。親を恨んでいた頃もあります、親もまた私と同じで戦争に行った人間の不安を押しつけらて育っているのですから、そうなってもおかしくないのだと思いました。

 

たくさん助けてもらったこともありますので今では感謝しています。言葉が足りなかっただけで本当は大事にしたかったのだと。「子供たちを最後の最後に守る為なら平気で命投げ出す覚悟はいつでも持って生きてきた」と言われた時は嬉しかったですね。

 

しかし、この記事は2011/12/4に書いたものですが、今2013/7/11に修正しました。
親に対して気が付いた事がたくさん気が付いた事があります。それは私が無意識の事に気が付けば気が付くほど過去の出来事の中に大量に心を破壊する仕組みが入っていた事に気が付き、一時気付いてしまった事で恨みを持っていました。やっと気付きによって恨みから解放されてきたので記事を修正しました。

 

何に気が付いたのかというと「無意識裡(むいしきり)の心理的ネグレクト」は子供を道具にして、道具の恩恵を受けているで書いたように私自身この心理的ネグレクトを幼少期からずっとくらわせられていた事です。家庭の事情なのでここには書きたくない事がいっぱいありますので詳しく書きません。強烈な洗脳にあっていたことに気が付きました。親は子の心を破壊するが子は親を立派だと崇めるように無意識の中を操作されていたのです。理由もわからない心の苦しさの理由が謎が解けたのです。私はこの事に気が付いてショックと恨みで一時悩んでいました。

 

私が無意識とネガティブ、ポジティブにこだわるのはこれが一番の理由かもしれません。長い間ネガティブをずっと刷り込まれ私が行った仕事、気付いた少年院、私の個性、何もかもを気付かない無意識レベルで否定し続けていたのです。実の親が。その手口も全て見抜きました。私でなければ親を殺してしまったのではないでしょうか。よくあるニュースのように引きこもりが親を殺すように。引きこもりの子は長期の場合、見えない無意識操作を親からされていることが多いのです。

 

しかし私はポジティブ思考になりたい人間です。こんな事もプラスにしてしまうんです^^実の親から無意識操作をさせ、気付いたと言う事は無意識の勉強を体感させられて勉強になったと言う事です。だからこそ気付けるものもあります。いつか親からの無意識裡の心理的ネグレクトをされている人の問題を解決できるようになりたいですね。実際にやってみても手探りで一人に数年もかかりますので、難しすぎる事がわかりました。しかも無意識裡の心理的ネグレクトの子と同じ家で生活して数年で完ぺきには改善させられないで、別の家のことでしたらどんなに大変か…。

 

何をお伝えしたかったかというと、これを読んでいる方の中にも親や兄弟などを恨んだりしている人もいると思います。その気持はわかるつもりですが、その相手も心が傷ついていると言うことは確かな事だと思います。それを許せる時が自分の成長を感じる時だと思います。人は逃げてもいい、情けなくてもいい、臆病でも、そこから何か学び進めばいいのだと思います。逃げ続けることが、不幸の原因なんだと思います。『お前は大事だよ』と声を掛ける事を忘れている親はお子さんに心から大事だと言う声を掛けてあげて下さいね^^

 

一つ一つ行えば必ず変わります。

 

私は無力ですが身の回りから変えていこうとしてます。

 

知人の娘は、携帯依存、ジャニーズ依存、側頭葉癲癇、不登校、いじめ、引きこもり、意見を言えない、返事も出来ない、動物をいじめる、悲劇のヒロイン的な考え、とたくさんの問題がありました。何年も見てわかった事がこの子も親から無意識裡の心理的ネグレクトをされていました。そしてその親も、また親から無意識裡の心理的ネグレクトをされていたのです!不思議な縁です。

 

この子は当初の私の大嫌いなタイプでした。これほど嫌いな人間がいるかっていうくらい嫌いでした。なんとか変えないといけないと何年も向き合って、私の考えを大きく変えてくれました^^私が嫌いだと思っていたのは私の認める事の出来ない心が原因だったとも分かりました。人それぞれ、十人十色といったようにそれぞれに価値があると勉強になりました。

 

実はまだまだ問題が発覚しまして色々ありますが諦めないで自分を変えてその変えた影響で相手を変えていけるように頑張っていきます!自分が変われば相手も変わる!です^^

 

皆さまも気が向いたら心の壁を溶かす信念と情熱を持って家族間の問題を解決してみて下さい^^
楽しんで解決することが大事だと思います。

 

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

デイリーパラダイムシフト 「固定観念」「思い込み」「間違った常識」などがコミュニケーション能力向上の邪魔をしているとわかりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

続きをメール購読

人は本当は優しいものだ!心の壁を溶かすものは信念と情熱関連ページ

「ケンカするほど仲がいい」喧嘩は素晴らしいこと!プラス思考になり心のデトックスをしよう!
「ケンカするほど仲がいい」喧嘩は素晴らしいことです。プラス思考になり心のデトックスをしてみませんか?
頭の悪い人間がわずか数分で覚えた最強とも言える記憶法
記憶ができず困っていましたが、この記憶法が今までの中で断トツで一番でした。
心が攻撃されているのに気が付いていない哀れな人。あがり症・対人恐怖・引きこもり
心が攻撃されているのに気が付いていない哀れな人は、相手の心への攻撃方法を知ることで防げるようになりましょう。あがり症や対人恐怖、引きこもりの方なども学びましょう。
マスク着用は洗脳を防ぐことに少し効果的
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
霊の正体は無意識の中のデータのようなもの
霊の正体は無意識の情報、データ、悪意のあるソフトウェアですよ!
初歩的な薬物洗脳で数時間で人をあの世に送れます。
初歩的な薬物洗脳で数時間で人をあの世に送れます。しかも合法的に!
この世界の正体。霊界は5次元のことだった!
この世界の正体は実はこれだった!霊界は5次元のこと!無意識世界も霊界や5次元!霊障や呪い、祟り、不調の原因!
あなたの心は既にガチガチに洗脳されている!
洗脳されている心を解く為に大事なことや、役立つ情報完全公開!
【緊急警告】ヘコついた大人は間もなく強烈な心理的反撃に合う!洗脳護身術
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
人を恨んで復讐したい時に元気になれる偉人などの名言
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
人間の本体は無意識世界、5次元世界でそこで形成した仮想世界が4次元世界
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
何故、男は女を守らなければいけないのか?女は魔物じゃない!
何故、男は女を守らなければいけないのか?女は魔物というのは実は嘘だったのです!
約束を守れない人間は変態や異常者になる
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
胸が痛くなるが子供は厳しく育てたほうが良い
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
少年院にいる子たちよりも大人に問題がある
少年院にいる子たちよりも大人に問題がある
あらゆる抑圧から離れよう
あらゆる抑圧から離れよう
損をしない別の方法
人を変えるには無意識に語りかけなくてはいけない
得する人と損する人。差別する人よりも差別される人が改善したほうがいい
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
とある家庭での不条理
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
変わった意見を尊重しよう!
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
「怒らなければ世の中は変わらない!」田原総一朗
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
無神論者は犯罪者と同じくらい信用できない
無神論者は犯罪者と同じくらい信用できない
禁煙したい人の為の本当の禁煙方法『マリアサーチ禁煙法』
タバコをやめたい方に役立つ禁煙したい人の為の本当の禁煙方法『マリアサーチ禁煙法』
窃盗と嘘は人間のクズのやる事です。
窃盗と嘘の本当の悪影響を教えます。
何故菅原さんは引っかからないのですか?
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
何故、上の人間が庶民に大事な話をしないか?思考停止状態の日本人
何故、上の人間が庶民に大事な話をしないか?思考停止状態の日本人
基本的にすぐ手に入る情報は嘘である
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
3時のおやつ10時のおやつ おやつの習慣
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
向上出来ないと自然淘汰される
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
『おねやめ』をする人に要注意!いじめ問題
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
今後の人間に必要な事DVは殴らせる女も悪い
DVは殴らせる女も悪い