本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック

プラス思考になるには?プラス思考になる方法

ここでプラス思考になる為の私が知っている究極の方法をお伝えさせていただきます。
その前にマイナス思考の原因を知っていきましょう。

 

マイナス思考の原因は自己肯定感の低さなのです。
自己肯定感が低いことで自分や他人、他の物事に肯定的に考えることができなくなっているのです。

 

自己肯定感は幼少期の環境や体験で決まってしまいます。
『三つ子の魂百まで』とよく言うように幼少期に人間の基本機能が形成されていくのですが、この期間にマイナス思考の癖がついてしまって自己肯定感が低くなっているのです。

 

簡単に言いますと、親や環境に否定的な風潮が流れていると、その子供は否定的な思考を直撃してしまい染まってしまうのです。
子供は親に依存しないと当然生きていけませんから、親や環境の影響を直撃してしまうのは決して悪いことではなく自然なことです。

 

だからといって親を恨んではいけませんよ(笑)
これが親子関係の向上システムの大事なことで必要なことですので。
そして歳をとればとるほど頑固になっていくので直撃したマイナス思考は中々変えることができないのです。

 

自己肯定感が低いことで、まるで蛇に巻きつかれた可能ように心が縛られた状態になり、ネガティブ思考炸裂状態で、人間関係などに問題がたくさん発生して不幸になっていきます。
これは何故かというと無意識レベルで強烈なネガティブ思考をばら撒くようになってしまうので無意識、潜在意識、マインド、精神、心といったものを意識している人ほどネガティブを感じやすいので、近寄らないようにするのでプラス思考の人はどんどん近寄ってこなくなりマイナス思考の集団になっていきマイナス思考で慰め合い慣れ合い関係になっていくのです。

 

そうしてどんどん不幸への道へと落ちていくのです。

 

プラス思考はこの逆で、周りをどんどん幸せにしていきますので自然と人が近寄ってきてプラス思考の相乗効果で互いに幸せになっていくのです。

 

ここで私の話をさせていただきますが、私もマイナス、ネガティブ思考でした。
この原因も幼少期からの問題など原因究明はほぼ終わっております。
原因はわかったけれどまだまだ私の無意識内からネガティブ思考が消えません。
だからこそ私自身にも必要なことなのでこのプラス思考の癖を付けることが大事だと実感しています。

 

自己肯定感の高い低いは私たちが思っているよりもずっと早い段階で形成されて、そこから発生するネガティブ思考は、私たちが気付かない無意識レベルで根深く勢力を拡大させながら潜んでいます。
私たちを向上させてくれるのがマイナス、ネガティブ思考なので、ネガティブには感謝しながら向上していこう!って思う事が大事です。

 

そしてネガティブなことを意識することを忘れてプラスなことだけを意識することを癖にしてしまうと、プラスの渦が無意識内に形成されていくのでプラス思考トレーニングはおすすめです。

 

こちらのプラス思考になる方法も合わせてお読みください。

 

マイナス思考はもうやだ!プラス思考になりたい!と強く思う方は真剣に取り組んでみると良いですよ。

 

人間の脳はプラス思考やプラスイメージ、プラスの感情になると自分でも驚くくらいの力を発揮しプラスの流れに乗って人生を良い方向へ流すことができます。

本当の自分と繋がって「本当の自信」を持てるようになり、人生を変えることが出来る方法があります。
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証」された方法です。

→ 詳細は、こちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加