無間地獄ループの間違った思考パターンを捨てて本当の自分の思考をしよう

MENU
催眠療法士の橋本奈美さんの【SHIP】
本当の自分と繋がって人生を変えることが出来る方法!
アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証!」本格的な催眠療法!
このエントリーをはてなブックマークに追加 

無間地獄ループの間違った思考パターンを捨てて本当の自分の思考をしよう

思考パターンの間違い

天使のような子供はストレートに感じた事を伝えます。それでもストレートに伝えることは悪だと思いますか?

 

まず間違った思考パターンが不幸の根っこのほうの原因です。

 

例えば前回、みんなに聞いちゃえ質問内容で、何故、ハエみたいな人に『お前ってハエみたいだよね』って言うと怒るのですか?というものがありました。

 

  • あまり無い素晴らしい意見だ!
  • どうでもいい…。
  • こんな考えの奴だけは許せねー!

このように人はそれぞれ違う感じ方や思考パターンで物事を見ています。自分がどんな思考パターンをしているか知っている人はあまりいないと思います。ではこの思考パターンを知らないまま生きていると、間違った思考パターンが間違った行動をして間違った結果を生みだします。

間違った思考パターンA
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
間違った行動
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
間違った結果
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ループ

本質に気付くまで繰り返しのループに入る。仏教でいえば六道輪廻状態。

 

そして間違った思考パターンの人は、間違った結果というマイナスを受け入れたくない為、思考や心が繰り返しのループ状態になります。繰り返しのループ状態は上記『間違った思考パターンA』に類似した別の『間違った思考パターンB』を作り出し、その作り出した『間違った思考パターンB』と『間違った結果』をリンクさせて間違った結果が正しかったものだと認知していきます。つまり、理由付け、や言い訳みたいなイメージです。これを繰り返すことで認知が歪みひどい人生になります。

 

本人が気が付いていなくても脳はすぐに外部要因と理由付けを行うので、本人が間違った思考パターンAのせいで間違った結果が起きたわけではない!と思いたい場合、勝手に間違った思考パターンBを作り出し、それが間違った結果の不幸だと理由付けを行うのです。

 

ここで正論をドカン!とぶつけられると、間違った思考や間違った理由に狂いが生じそうになる為、怒ったり感情的になったり敵意を向けてきます。つまり前回の、何故、ハエみたいな人に『お前ってハエみたいだよね』って言うと怒るのですか?というお話で怒ったりする人は思考パターンに間違いが多くあるのです。

 

あなたを不幸にする原因の間違った思考パターンや認知の歪みが表面に出てきている時なので、このような話で怒ると言う事を素晴らしいことだと気付きましょう。過去にバカにされて傷ついたことを乗り越えないまま無意識の抑圧してしまったのです。なので怒ったことをきっかけに過去に抑圧した傷を開放しましょう。その為には正しい思考パターンを作るしかないのです。

 

冷静にまず本当に自分がハエみたいな動きなのか分析する必要があります。その上で本当にハエみたいな動きだったら訓練して癖を付け直せばより良い自分になれるのです。そのことを教えてくれたのですから感謝するのが正常な思考パターンなのですが、間違った思考パターンで攻撃されたと勘違いをして怒ってしまうのです。

 

繰り返しになりますが、幸せになる為には正しい思考パターンの癖を付けるしかありません。

 

投影

『投影』とは、心理学用語で『自分の心の状態や思考パターンを人や物に映し出すこと』を言います。つまり自分の心がネガティブだと、そのネガティブを人や物に投影してネガティブな色眼鏡で見るのでネガティブに見えてしまうのです。

 

例えば、自分自身が他者を見下し、下に見る心を持っていると、相手に見下されていると感じたり下に見られてイライラしたりします。これは自分の持っている人を見下す心が投影されて自分もそう見られていると感じてしまうのです。しかもこの投影は抑圧された感情などが潜在意識や無意識の深いところにあればある程、強い働きをします。そして抑圧された無意識は社会や周りに投影されやすい のです。本人は無意識でのことなので気が付きません。

 

発達課題

発達課題とは、『人間が健全で幸福な発達をとげるために各発達段階で達成しておかなければならない課題』のことで、有名なアメリカの発達心理学者、精神分析家で『アイデンティティ』の概念を提唱したことで知られるエリクソンの八段階の発達課題です。

 

※エリクソンが提唱した発達課題の各段階とその心理的側面
※左記が成功、右記が不成功した場合

 

段階 名前 心理的側面
第一段階 乳児期 信頼 対 不信
第二段階 幼児前期 自律性 対 恥・疑惑
第三段階 幼児後期 積極性 対 罪悪感
第四段階 児童期 勤勉性 対 劣等感  
第五段階 青年期・思春期 同一性 対 同一性拡散
第六段階 初期成年期 親密感 対 孤独感
第七段階 成年期 生殖性 対 自己吸収 
第八段階 老年期 自我統合感 対 嫌悪・絶望

エリクソンは、成功のみが賞賛されているわけではなく、不成功もそれなりに経験する必要性もあるとされています。両者の統合したものが正常な成長に寄与するとのことです。猟奇的事件や異常者などのことを知っていくと、このような発達課題をクリアしていないことが分かると思います。それほど生きていく上で大事なのが発達課題のクリアです。エリクソンは『死に向かって成長すること』を第九番目の発達課題に設定しようとしていたそうです。

 

 

洗脳

人生は説得や洗脳による無意識の書き換えが行われるものです。生まれてから人は気が付いていませんが既に洗脳されています。その洗脳から如何に自己を解放し、自己肯定感を高めていくかが大事だと私は思っています。自分を肯定すれば他者からは叩かれやすくなり、他者を自己よりも肯定すれば自己肯定感が低くなり自信を失くし神経症などにもなりやすくなり洗脳もされやすくなるでしょう。

 

洗脳からの解放とは、自己肯定感を高め自分の思考をすることです。人に依存し他者を頼っていては自分の思考は出来ません。自分だけの思考をしなくてはいけないのです。自分の思考をしない分、補う形で洗脳されます。言い換えれば洗脳とは実は自分が引き寄せている依存による思考コントロールなのです。

 

自己肯定感が低く、人や物に依存するから、その隙間を埋めなくてはいけないので心の隙間を埋めるための枠が洗脳枠で自分が洗脳を引き寄せるのです。それによってバランスを保っているのです。

 

 

 

思考力をあげて幸せに

不幸の原因は思考停止状態でいることや、発達段階をクリアしないで日々生きていることだとご理解いただけたかと思います。そこで幸せになる為の方法を、実際に無知で思考停止していた当事者であった私が教えちゃいます。それは思考停止状態から思考力を上げることで幸せになれるのです。

 

思考が停止しなければ無間地獄のようなループにはなりませんから心は快適状態を維持できるのです。繰り返しのループにはまっているから六道輪廻のような苦しみを味わい、挙句の果てには無間地獄のような無限ループへと落ちることもあるのです。そんな世界があるのではなく心の状態の事で宗教をやりなさいと言っているわけではありません。

 

思考停止状態から脱するには文字通り思考を再開すれば良いのです。自分の頭でしっかり考えしっかり責任を持ち、しっかり責任を持つことを楽しむことが大事です。そして『自分を客観視して感情に左右されなくなること』『インプットとアウトプットを行う』『信念を持つ』が大事なポイントです。

 

具体的に何が思考力アップするかというと、それはディベートです。ディベートとは、ある主題について肯定派と否定派など異なる立場に分かれ議論することを言います。論理的思考力、分析力、洞察力、質問力、問題解決力を身につける手法として大変有効と言われています。

 

私は昔、『あー』とか『うー』とか『へぇ』とか『そうなんだー』とかしか言えないような感じでした(笑)思考停止状態なので感情が表に出て感情丸出しなのですぐに感情を煽られて何も考えると言う事ができなかったのです。そんなバカな私がこのような記事を書けるまで少しは成長した方法が、文章を書いたり本を読んだり質問をしたり他者の意見に返信したりすることだったのです。つまり、考えるテーマがある場所で考えたのです。

 

メールで届いた質問に答えるとコメントの著作権をあげる仕組みなので、1.5円とか10円とか1コメントでもらえるサイトが絆のみんなに聞いちゃえですので、お小遣いを貯めながら思考力をアップさせたい方は無料で登録できますので登録して思考力をあげましょう!

 

外部から入れ込まれた間違った思考パターンを捨てて、本当の自分の思考パターンを作って幸せになる道を自分の力で作って行きましょう!
 
繰り返しますが天使のような子供はストレートに感じた事を伝えます。それでもストレートに伝えることは悪だと思いますか?天使のような子供は悪気が無いのでストレートに言いますが、悪気のない大人はデリケートな部分に充分配慮して発言してあげる事が一番の理想ですね^^

自分を「回復」させて「改善」しよう
みんなが選んだ人気の自己学習教材
自分で自分を救うための教材一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加 

続きをメール購読

無間地獄ループの間違った思考パターンを捨てて本当の自分の思考をしよう関連ページ

嘘や隠し事が嫌いな本当の理由は器が小さい事。そして嘘を嫌っている本人が自分に嘘をついて「フリ」ばかりしている人だったりします。
嘘や隠し事が嫌いな本当の理由は器が小さい事。そして嘘を嫌っている本人が自分に嘘をついて「フリ」ばかりしている人だったりします。
自分の名前を自分で呼ぶ心理「自分の名前を自分で呼ぶ」という経験を通じて、家族の苦しみ、悲しみを知った。悪い世代関連鎖も知った。必要な経験だった。自分の心の奥に隠れている「目的」のために必要な経験をしているのです。
自分のことを名前を自分で呼ぶ心理。一人称が言えない理由…。
実の娘さんの統合失調症を改善した方法を試してみませんか?文章が書けない、読めない 理解できない病気?障害?
実の娘さんの統合失調症を改善した方法を試してみませんか?文章が書けない、読めない 理解できない病気?障害?
プラス思考になるには?プラス思考になる方法
プラス思考になるには?プラス思考になる方法。マイナス思考は人を強烈に不幸にします。
でっち上げあげ心理の人間は次から次へと不幸を生み出す。
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
あなたのトラウマを解放
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
脚がガクガクするほどのエッチで心の傷トラウマ開放!
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
人はうんこよりも強く、自分を出さないとうんこだと思われる
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
視線恐怖症や対人恐怖症の根本原因
視線恐怖症や対人恐怖症の根本原因!無意識からのメッセージを聞こう!
血を綺麗にしよう!
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
損をしないで得する人になってほしい
無意識にプラスの渦を発生させて損をしないで得する人になってほしい
姿勢に注意!肩コリ首のコリ自律神経失調症の人!
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
損する人の特徴
『なんで私だけ?』『なんで俺はもらえないの?』『そんなの差別じゃん』『えこひいきだ!』
恐怖の原因と改善方法
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介
ジャンヌダルクも側頭葉癲癇(てんかん)!?幻覚・幻聴は悪いことではない!
ジャンヌダルクも側頭葉癲癇(てんかん)!?幻覚・幻聴は悪いことではない!
多重人格などの精神病が始まる原因になりそうな人の特徴
多重人格などの精神病が始まる原因になりそうな人の特徴
幻覚、幻聴、幻触、幻臭の原因
幻覚、幻聴、幻触、幻臭の原因を教えます。
あの人の近くにいると何故か苦しい?
マリアサーチのおすすめ情報やサイトをご紹介